Author Archive

お出かけに便利グッズ

ペットキャリーがありますね。これは、ペットをその中に入れることでおとなしくすることができるものです。

 

このペットキャリーは、犬に対してかなりの効果を持っているのでかなりオススメでしょう。

 

しかし、それならシートベルトとどちらが良いか考えることになりますね。そのような説明をします。

 

簡潔に説明してしまえば、ペットキャリーのほうがシートベルトよりも良いでしょう。

 

その理由としては、ペットキャリーのほうが断然ペットの固定が良いです。

 

というのも、ペットキャリーはかなり小さいでしょう。それ故に、身動きが出来ないのですね。

 

そして、鍵などを付けることができる入り口でしっかりと犬のガードをすることができます。

 

だから、ペットキャリーの方が良いのですよ。しかし、シートベルトもシートベルトで良いことがあるでしょう。

 

例えば、自由度は対価にありますね。まあ、ありすぎても危険ですがある程度の自由度があったほうが犬もストレスになりませんのでかなり良いでしょう。

 

それに、もしもペットキャリーを持っていない場合は自分購入しないといけないので本当に必要になるかをよく考えて選択するようにしてください。

 
このようにシートベルトとペットキャリーがあります。

 

どちらも良いところがありますので、よく考えて選択するようにしてください。

 

そして、ペットが快適なドライブをするようにしましょうね。

特徴を踏まえる

車でドライブに行くときというのはしっかりと安全をチェックしながら運転をしますよね。

 

シートベルトをするというのは当たり前のことです。最近ではペットなどを車に乗せてドライブをするという方も増えてきました。

 

人間にとってシートベルトをするというのは常識ですが、これはペットにとっても変わりないのです。

 

車にペットを載せるときには人間と同じようにしっかりと安全確認をしておかなければなりません。

 

特に犬の場合というのは車内で暴れてしまう可能性というのもあります。

 

しっかりとどこかに固定をしておくということが大事になるのです。そういったときにお勧めになるのが犬用のシートベルトになります。

 

人間と同じように犬にもシートベルトいうのはあるのです。

 

これをしっかりと摂りつけておけば犬を座席に固定することができますし、万が一の時にも犬を守ってくれるというわけです。

 

つけ方などは人間とほとんど変わらないので、安心して利用することができるようになっています。

 

犬の大きさや犬の種類などによってシートベルトというのはいろいろなものがあります。

 

なので、これから利用するときにはしっかりと自分の犬に合ったものを購入するようにしましょう。

無理に利用しない

車03

 

自宅で飼うペットで多いのは犬が選ばれる事が多いですが、お出かけをする際に、車に乗せて一緒にどこかへ行くという事も珍しくありません。犬は公共交通機関に乗せる事は基本的に禁止されている事でもあるので、車を活用して移動する事が最も効率的と言えます。ただ、犬を車に乗せる際には、しっかりと安全を確保してあげる事が必要になります。今となっては人はシートベルトをつけることを完全に義務化されていますが、これは犬に対しての効力はありません。その為に、犬の安全は飼い主が管理して挙げる事が大切になります。

 
犬を安全に車に乗せてドライブをするには、専用のシートベルトを活用される事があります。これは、体格にあったサイズのものを取り付けて、身を固定する器具になります。これがあれば元気で活発なワンちゃんであっても、ブレーキした際に完成の法則で飛んでしまうこともありません。しかし、犬によってはシートベルトの装着を嫌がる事も大いにあります。到着するまでの我慢ということで無理に取り付ける事もあるでしょうが、本気で嫌がっている場合には、ストレスや車酔いの原因になるので、極端にシートベルトを嫌がっている場合には無理に利用しないのが良いかもしれません。

 

正しい安全の確保

}PgžxQ

 

自家用車を所有している人はペットの犬とお出かけに行く際に、車を利用するのであれば極力安全を確保して挙げるのが飼い主としての思いやり、もしくは義務とも言えます。

 

近年、シートベルトを着用する事は義務化されている状況になりますが、これは犬には当然ですが、該当していないために、あまり意識した事が無いという人も少なくはないはずですが、ペットの安全を確保するのであればしっかりと犬にもシートベルトを着用させて挙げるのが望ましいと言えます。

 

膝の上にのせたり、抱っこして同乗したり、といったように、手軽な方法での安全確保は確実に安全にはなりません。
人によっては、自分の手で抱えてあげるという事すら行なわず、後部座席に自由にさせる事もありますが、これは最も危険な手段を取っていると考えても間違いではありません。

 

当然ですが、走行中に急ブレーキをかけたり、衝突事故が起こったりする事により、犬は身体を固定されていないために前方に投げ出されてしまいます。

 

身体の打ち所によっては大怪我を患ってしまう可能性も十分にあるので、ワンちゃん専用で販売されているシートベルトを活用するのが正しい安全の確保という事で、取り入れるのが望ましいと言えます。

抱きかかえるのと比較

犬をシートベルトに繋げることができますが、それと抱いておくのとどちらが良いかということを考えるでしょう。

 

それの説明をしていきますね。まず、犬にとってはどちらが良いかというと、それは抱いてもらうのが良いでしょう。

 

そのほうがかなり自由な行動ができますし、景色もみることができるのでとても良いですね。

 

しかし、固定しているわけでもないため、結構危ないでしょう。だから、シートベルトをしたほうが安全になることになりますね。

だから、どちらを使用するかをよく考えてください。

 

仮に抱っこをしてもらう場合は犬にとっては良いことでしょう。抱っこが好きな犬は結構多いのでそちらが良い場合は抱っこをすると良いですね。

 

しかし、あくまでも手が空いている人がいる場合に限ります。運転席で待ってもらうのは危ないので注意です。

 

ちなみに、自分で座って待つということができる犬はそちらのほうが良いかもしれません。

 

でも、事故などがあると結構大変なことになりますので注意です。でも、シートベルトを使うとなるとやはり犬にとって自由度が減りますね。

 

どのようにドライブでおとなしくさせるかをよく考えてからドライブに犬を連れて行くようにしてください。

犬の安全を守る

最近ではドライブをするときにペットを一緒に連れて行くというのは当たり前になりつつありますよね。

 

やはりせっかく飼っているペットならばいっしょにお出かけしたいと思うはずです。

 

しかし、ペットを車に乗せるならばしっかりと準備をしておく必要があるのです。ただ、車にペットを載せるというだけはとても危険になります。

 

そのままでは車内で暴れてしまう可能性もありますし、万が一の時にそのままだと大変なことになることも多いのです。

 

そこで最近ではペットのための車グッズというのが多く登場しているのです。

 

たとえば犬を車に乗せたいと思っている人はシートベルトなどを用意しておくといいでしょう。実は犬専用のシートベルトというがあるのです。

 

使い方は人間のシートベルト同じで、座席と犬にベルトを装着するだけでいいのです。

 

普通のシートベルトと同じように利用することができるので、特別なことは必要ありません。

 

シートベルトをしているか、していないかでも車内の安全というのは大きく違ってきます。

 

なので、これから車に犬を載せるというときにはしっかりとシートベルトを用意しておくようにしましょう。

 

犬の種類や大きさによってもベルトは違うので、まずは調べておくことが大切です。

使い方を考える

犬用のシートベルトですが、実は結構多くあります。

 

だから、どのようなシートベルトを使用するかをよく考えて選択をするようにしてくださいね。特に、どこまで縛るのかをよく考えるようにしてください。

 

犬用のシートベルトで結構多いのが、リードのように使用する形のシートベルトです。

 

基本的に固定するというよりも、飛ばされない、どこかに行かないように装着するようなシートベルでしょう。

 

しかし、このシートベルト割りと自由がきくので犬にとっては良い場合がありますね。ただ、先程も説明したように固定しているわけではないので場合によってはそのシートベルトが外れることがありますので注意してください。

 

次に、完全に固定するものです。体を完全に固定してから紐などで固定するタイプでしょう。

 

まあ、固定されているので安全面では良いのですが、結構がっちりしているのでいざという特に外れない場合がありますので注意してください。

 

あとは、普通のシートベルト小型化したようなものがありますが、これは先程まで説明したようなものよりも劣化しています。

 

だから、あまり良いとは言えないでしょう。

 

でも、小型なものでもしっかりとシートベルトの役立ちをすることができるでしょう。

暮らしに必需品

近年では「小型犬」の人気が急上昇している事もあり、チワワやダックスフンドなど、自宅で換える子犬を飼っている人は珍しくなくなっています。

 

もちろん、根強い人気のある中型犬や大型犬の人気も途絶えませんが、犬をペットとして飼っている人は決まって車があると便利である事が多いです。

 

トリミングや動物病院に連れて行く際には、公共交通機関に乗せる事が禁止されている事が多い現代では、タクシーや自家用車、もしくは徒歩で連れて行く事になります。

 

中には犬と一緒にドライブをする事も少なくありませんが、車に乗せて挙げる際にはしっかりと安全を確保して挙げる事が望ましいと言えます。

 
よく、車に同乗させると「膝の上」の乗せたり、かかえたりして乗せている事がありますが、その乗せ方は実質「人が安全」で「犬は危険」な状態になっている事になります。

 

仮に衝突事故が起こった際には、慣性の法則に従って飛び出してしまう羽目になるのはペットである犬の方になります。

 

そういったトラブルを極力防ぐ為にも、ワンちゃん用のシートベルトを用意して挙げるのが望ましいでしょう。

 

値段としては1000円程度で手に入れられる物も多く、手軽に取り付けを行なえるので、安全を確保するためにも是非一度見てみてはいかがでしょう。

締めつけ感がないのが特徴

ワンちゃんに対して、長時間のドライブはキャリーの中に閉じ込めているとストレスになる、という場合があります。

 

ペット用のボックスもありますが、万一、交通事故のときにぶつかったときに中から飛び出して衝突の恐れを感がると、シートベルトでつないで安全性を確保したい、という人も多いでしょう。

 

ワンちゃん用のシートベルトはハーネス式になっているので、体にフィットする感じで締め付けられている感じがしないのが特徴です。

 
これは、小型犬や猫のハーネスも登場しており、ある程度、座席の付近で移動をすることができるので、それほどペットにとって負担がない、ということが運転のときに負担を減らすことができる、という意味では非常に便利です。

 

ペットの負担のことを考えると、あまりに拘束されているような状況は決して歓迎するべき状況ではありません。

 

そのようなことを考えるのであれば、ある程度自由になるようにしておくほうが負担を全体的に減らすことができるので、オススメできます。

 

締めつけ感がなければワンちゃんも長時間でもドライブのときにストレスを溜めることがないので、ペットの車酔いや、吐き気などのほかの症状に影響を与えることを防げるのでぜひ活用してください。