使い方を考える

犬用のシートベルトですが、実は結構多くあります。

 

だから、どのようなシートベルトを使用するかをよく考えて選択をするようにしてくださいね。特に、どこまで縛るのかをよく考えるようにしてください。

 

犬用のシートベルトで結構多いのが、リードのように使用する形のシートベルトです。

 

基本的に固定するというよりも、飛ばされない、どこかに行かないように装着するようなシートベルでしょう。

 

しかし、このシートベルト割りと自由がきくので犬にとっては良い場合がありますね。ただ、先程も説明したように固定しているわけではないので場合によってはそのシートベルトが外れることがありますので注意してください。

 

次に、完全に固定するものです。体を完全に固定してから紐などで固定するタイプでしょう。

 

まあ、固定されているので安全面では良いのですが、結構がっちりしているのでいざという特に外れない場合がありますので注意してください。

 

あとは、普通のシートベルト小型化したようなものがありますが、これは先程まで説明したようなものよりも劣化しています。

 

だから、あまり良いとは言えないでしょう。

 

でも、小型なものでもしっかりとシートベルトの役立ちをすることができるでしょう。

Comments are closed.