正しい安全の確保

}PgžxQ

 

自家用車を所有している人はペットの犬とお出かけに行く際に、車を利用するのであれば極力安全を確保して挙げるのが飼い主としての思いやり、もしくは義務とも言えます。

 

近年、シートベルトを着用する事は義務化されている状況になりますが、これは犬には当然ですが、該当していないために、あまり意識した事が無いという人も少なくはないはずですが、ペットの安全を確保するのであればしっかりと犬にもシートベルトを着用させて挙げるのが望ましいと言えます。

 

膝の上にのせたり、抱っこして同乗したり、といったように、手軽な方法での安全確保は確実に安全にはなりません。
人によっては、自分の手で抱えてあげるという事すら行なわず、後部座席に自由にさせる事もありますが、これは最も危険な手段を取っていると考えても間違いではありません。

 

当然ですが、走行中に急ブレーキをかけたり、衝突事故が起こったりする事により、犬は身体を固定されていないために前方に投げ出されてしまいます。

 

身体の打ち所によっては大怪我を患ってしまう可能性も十分にあるので、ワンちゃん専用で販売されているシートベルトを活用するのが正しい安全の確保という事で、取り入れるのが望ましいと言えます。

Comments are closed.